2011年11月21日

「OzModChips」によりますとDAE.binによってx3kyをXGD3&AP25ゲーム起動不能状況、解決

午前、海外有名な販売サイトによりますと、最近マイクロソフトのxbox360のDAE.BINファイルの更新のため、x3kyでXGD3&AP25ゲームを起動できない状況が解決されました。新しいファームウェア1.07が今ベータテストを行なっていますと公式サイトから伝えました。リリースのは間もなくです。2b566d50-s.jpgDAE「DVDAuthExtended table」.BINとはマイクロソフトが海賊版を抑えるため、DAE.BINにAP25「Anti Piracy25」導入し、xbox360本体とドライバーで起動する。LT+などでこのAP25を装い、ドライバー検査回避することで、海賊版を起動できます。今回のこのDAE.BINファイル更新により、このLT+が無効になっていた。AP25ゲームだけでなく、XGD3フォーマットデイスクでも起動できない状態に陥りました。
けれど、36時間ぐらいでこの問題が解決されました。再びうまく起動することが出来ました。
今日、あくまでも「x360key」に関するテストを行う海外有名なサイト「OzModChips」により、x3kyRev7-2改良版でドライバー除き、xboxliveリンクしてXGD3ゲームを起動したり対戦したりするビデオを公開されました。
このYouTubeビデオから見ると、11月19日で製作され、(Dae.bin更新確認できます)ドライバー除きで直接に外付けHDDを起動してxboxliveへリンクする。それから、XGDゲームmw3 gow3を起動したりテストをはっきりと見えました。
最新ファームウェア更新についての情報がここで記入しますから、ご注目を
posted by x360keyさん at 18:14| Comment(0) | x360key改造情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。